電気工事ナビ 電気工事ブログ 電気工事施工日記

漏電ブレーカー付配電盤に取替工事 貸ビル事務所

今回の現場は貸ビルのオーナー様からのご連絡で配電盤がかなり古いので新しい配電盤に変えたほうがいいのか一度、見てもらうことは出来ないか?と、お電話でご連絡を頂き現場調査にお伺いしました。

現場調査

既設の配電盤を拝見しましたところ、漏電ブレーカーが付いていない配電盤でしたので安全に電気を使用するために漏電ブレーカー付きの配電盤に取替工事をご

提案しました。

オーナー様は使用できる電気容量の増設を希望されていましたが、幹線のサイズ等の問題もあり今回は見送りとなりました。

配電盤取替工事、漏電ブレーカー設置工事は【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり にお気軽にご相談下さい。

配電盤取替工事

はじめに既設の配線用遮断器の電圧を確認します。(単相2線式なのですべて100Vを確認)

配線用遮断器を外したあと、一番左契約のブレーカーを外していきます。契約ブレーカー取外しは活線工事となります。最新の注意を払って取り外します。

全てのブレーカーを外したら外枠の鉄箱も取り外し、プラスチック製の新しい配電盤を設置します。

契約ブレーカーは電力会社の持物なので再度、取付ます。

漏電ブレーカーと配線用遮断器に既設の配線を同じ用に接続していきます。

ブレーカーにすべて配線を接続したら配電盤の蓋をしめて工事完了になります。

工事完了 動作確認

配電盤を設置できたら配電盤内の漏電ブレーカーのテストボタンを押して正常に漏電ブレーカーが作動する事が確認出来れば工事完了となります。

工事後、引き渡し時にオーナー様に大変喜んで頂けました。

事務所での配電盤工事は【電気の工事屋さん】 にお任せ下さい。

電気トラブルや電気に関するお悩み。 24時間全国対応 地元密着の電気の工事屋さん。
全国対応見積もり無料 最短30分で出張見積もりいたします。 直らなければ修理費0円

工事で使用した主な材料

テンパール工業 スタンダード住宅分電盤 リミッタースペースなし 出力電気方式単相2線 露出形 ヨコ1列 回路数8回路+0 30A YAG2308S 単2 分電盤 8回路

価格:10,856円
(2022/8/9 14:17時点)

電気工事ナビでは登録電気工事店を募集中 登録無料

関連記事

  1. マンション分電盤取替工事 エアコン専用コンセント増設工事 

  2. 貸ビル内事務所 事務所内の分電盤取替工事

  3. プレハブを事務所で使用したいので電気を引込みたい。

  4. スーパーハウス解体工事会社事務所 電気新設工事

  5. 事務所分電盤回路増設 専用コンセント増設工事

  6. 運送会社プレハブ事務所 電灯契約新設工事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.