電気工事ナビ 電気工事ブログ 電気工事施工日記

事務所分電盤回路増設 専用コンセント増設工事

今回の現場は、住宅の1部屋を事務所として使用していてコピー機やストーブなどを同時に使うと配線用遮断器のブレーカーが落ちてしまうとのご相談でお伺いしました。

現場調査をした結果、コピー機やストーブなど電気をたくさん使う機器は専用回路コンセントでの使用をご提案し、お見積りをご提出しました。

コンセント工事は【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり にお任せくださいお見積りから工事まで迅速対応いたします。

専用コンセント増設配線工事

天井に点検口がありましたので天井配線は隠蔽配線で工事を行っていきます。
分電盤増設部から4カ所の専用コンセントまで配線して行きます。

1カ所の専用コンセント配線工事は隠蔽配線で行いました。立ち下がりの配線工事も壁の中も隠蔽配線で施工できましたので壁面に埋込コンセントを設置しました。

3カ所設置予定の専用コンセントの立ち下がり配線カ所は隠蔽配線が出来ませんでしたのでビニールパイプにより立ち下がり配線を行い露出ボックスをつけて3カ所のコンセントを設置しています。

分電盤増設部の立ち下がり配線も隠蔽配線できませんでしたのでお客様と打合せの結果ケーブル配線で施工しております。

ご希望の場合はプラモールなどを使用して配線することもできます。

アース配線工事

専用回路コンセントにはアース線も必要になります。天井裏で確認したアース配線でアース測定を行ったら50Ωでしたのでので天井裏でアース線を接続して各コンセントまでアース線を配線しました。

アース線が分電盤や天井裏にない場合は、アース接地工事を行う必要があります。

アース付コンセント取付工事

コンセントはアースターミナル付のコンセントを4カ所設置しました。

※コンセントの種類は色々ありますので、【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に最適なコンセントを相談してみましょう。

分電盤回路増設工事

既設の分電盤には1カ所しか空きの配線用遮断器スペースがありませんでしたので、パナソニックのプラス盤という分電盤を設置して配線用遮断器を取り付けるスペースを3回路増設しました。

既設の分電盤に1回路取り付けて、プラス盤に3回路設置して既設の分電盤からプラス盤まで電源配線を行いプラス盤の配線用遮断器でテスター使用して電圧が確認出来たらコンセントに電気をおくります。

分電盤改修工事中は宅内停電となります。

完了確認

コンセント4カ所で100V電源が確認できたら工事完了となります。

コンセント工事は【電気の工事屋さん】 お任せ下さい。

急な電気トラブルや電気に関するお悩み。 24時間全国対応 地元密着の電気の工事屋さんにお任せ。
全国対応見積もり無料 最短30分で出張見積もりいたします。 直らなければ修理費0円

工事で使用した主な材料

Panasonic 住宅分電盤増設用分電盤 プラスばん コンパクト21 4+0 BQNE40K ※北海道・沖縄・離島はご購入いただけません。 画像は代表画像です。

価格:6,294円
(2022/8/8 11:56時点)

Panasonic/パナソニック WTF15324WK 埋込アース付ダブルコンセント(絶縁枠付) ホワイト

価格:540円
(2022/8/8 11:58時点)

富士電線 VVFケーブル 2.0mm×2心 100m巻 (灰色) VVF2.0×2C×100m

価格:13,467円
(2022/8/8 12:01時点)

電気工事ナビでは登録電気工事店を募集中 登録無料

関連記事

  1. 事務所内給湯室換気扇工事 羽根つき換気扇取替工事

  2. エアコン専用コンセント工事 住宅外壁面配管配線工事

  3. アパート給湯器用防雨型コンセント増設工事

  4. エアコン専用コンセント増設工事 戸建住宅

  5. スクエア型埋込型 照明取替工事 事務所照明工事

  6. スーパーハウス解体工事会社事務所 電気新設工事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.