電気工事ナビ 電気工事ブログ 電気工事施工日記

エアコン専用コンセント増設工事 戸建住宅

暑くなってきたのでエアコン設置したいがエアコン専用コンセントがないので設置をしたいとのご依頼で現場調査にお伺いしました。

ご自宅の分電盤とエアコン専用コンセント設置場所を確認させて頂き無料お見積りをご提示致しました。工事依頼を頂きましたので工事を行いました。

エアコン専用コンセントは【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん にお任せ下さい。見積無料で迅速対応。

分電盤改修工事

分電盤の配線用遮断器に空きがありましたの空きの配線用遮断器から100V電源をとりコンセントまで配線工事を行っていきます。

仮に配線遮断器に空きがない場合は、分電盤を新しく取替たり、パナソニックのプラス盤を設置したりフリースペースにブレーカーBS1112を設置して回路を増やす必要があります。

エアコン専用コンセント配管配線工事

今回の現場は、分電盤が1階洗面所に設置してありエアコン専用コンセントを設置したい場所は、分電盤から対角線の1階の部屋になるので隠蔽配線はできません。分電盤からお風呂点検口まで隠蔽配線で配線工事を行い、お風呂点検口から貫通穴を外壁面に向けて1か所あけます。

上記の写真のように未来工業のビニールパイプで外壁面下部をを20m配管配線工事してエアコン専用コンセントを設置する場所の外壁部まで配管配線をしたら貫通穴をあけて室内に電線を通してエアコン専用コンセントを設置します。

上記の写真のようにエアコン専用コンセント設置場所の裏(外壁面)から配線を室内に入れます。

アースが分電盤にある場合は、エアコン専用コンセントまでVVF2.0電線と一緒にアース線IV1.6(緑)配線しますが、分電盤にアースがない場合は、アース接地工事が別途必要になります。

エアコン専用コンセント設置工事

エアコン専用配線をコンセント設置場所まで配線してきたら室内壁面にコンセントを設置できる開口をあけて埋込型コンセントを設置しました。

工事完了 電圧確認

コンセントを取付けたらテスターで100Vの電圧を確認して工事完了となります。エアコン本体のコンセントを差込エアコンが使用できるようになりました。

お家の電気のお悩みは【電気の工事屋さん】 お任せ下さい。迅速対応致します。

急な電気トラブルや電気に関するお悩み。 全国対応 地元密着の電気の工事屋さんにお任せ。
全国対応見積もり無料 最短30分で出張見積もりいたします。 直らなければ修理費0円

工事で使用した主な材料

未来工業 VE-16J4 硬質ビニル電線管 (J管) 4m ベージュ 1本

価格:6,400円
(2022/8/6 09:31時点)

未来工業VE管カバーエンド16VEND-16J

価格:132円
(2022/8/6 09:30時点)

未来工業VE両サドル16納期約1週間前後S-16J

価格:110円
(2022/8/6 09:30時点)

電気工事ナビでは登録電気工事店を募集中 登録無料

関連記事

  1. スポットクーラー専用コンセント増設工事 貸倉庫

  2. 電灯契約変更工事 幹線張替 分電盤取替工事

  3. 単相2線式から3線式へ単3改修工事 古民家

  4. 戸建住宅テレビアンテナ設置工事 アンテナ壁付工事

  5. 住宅敷地内 防犯灯センサーライト新設工事

  6. 単相200Vコンセント増設工事 事務所兼作業場

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.