電気工事ナビ 電気工事ブログ 電気工事施工日記

EVコンセント新設工事 鍵付きコンセント

今回、ご紹介する工事は日産リーフを購入したので自宅に充電用コンセントを設置して欲しいとのご依頼で工事にお伺い致しました。

分電盤改修工事

分電盤は各御家庭によって設備内容が変わってきます。どのような分電盤工事が必要なのか電気の工事屋さんに無料現場調査、無料見積もりで相談してみましょう。

今回は分電盤に配線用遮断器の空きスペースがありませんでしたので、分電盤の右隣りにリニューアルボックスを設置して、分電盤より単相200V電源を取出しました。

リニューアルボックスには2P2E20A15ma小型漏電ブレーカーが設置してあります。小型漏電ブレーカー一次側(電源側)に分電盤本体より電源接続、2次側(負荷側)にEVコンセント配線を接続します。

分電盤の種類、設備は各ご家庭によって違いますので電気の工事屋さん に無料お見積依頼時、どのような分電盤工事が必要か詳しく聞いてみましょう。

配管配線工事

配線工事はVVF2.6×2とアース線1.6の2本をEVコンセント設置場所まで配線していきます。

今回の現場は、洗面所に分電盤がありましたのでお風呂点検口まで隠蔽配線で配線できました。

お風呂点検口から外壁面に貫通穴をあけて屋外に電線を出して屋外はビニールパイプによる露出配管配線工事で施工して行きます。

貫通穴部分はプルボックスを設置して防水処理を行い水が入らないように処理をします。

EVコンセントで安全に電気自動車を充電する為に分電盤にアース線がない場合やアース測定値が規定に達してない場合は別途アース接地工事が必要となります。

EVコンセント設置工事

EVコンセント設置場所まで配線してきたらスペーサーを設置してスペーサーの上に鍵付きコンセントを設置しました。

EV充電設備にはコンセントタイプやスタンドタイプなど様々な種類があります。電気の工事屋さん にご自宅に最適な設備をご相談下さい。

動作確認

EVコンセント設置後、リニューアルボックス内ブレーカーをONにしてコンセントに200Vきているかテスターで確認して工事完了となります。

EVコンセント工事は電気の工事屋さん にお任せ下さい。

急な電気トラブルや電気に関するお悩み。 全国対応 地元密着の電気の工事屋さんにお任せ。
全国対応見積もり無料 最短30分で出張見積もりいたします。 直らなければ修理費0円

工事で使用した主な材料

【ポイント2倍】パナソニック Panasonic BQE325B リニューアルボックス分岐増設20A×2

価格:9,785円
(2022/7/28 16:40時点)

パナソニック EV・PHEV充電用カバー付接地屋外コンセント 15A・20A兼用 簡易鍵付 露出・埋込両用 200V用 ブラック WK4422B

価格:6,420円
(2022/7/28 16:41時点)
感想(0件)

パナソニック EV・PHEV充電屋外コンセント用露出ボックス WK9801

価格:1,329円
(2022/7/28 16:42時点)

電気工事ナビでは登録電気工事店を募集中 登録無料

関連記事

  1. 住宅エアコン用専用回路コンセント増設工事

  2. 電灯契約40A増設工事にともなう単3改修工事

  3. エアコン専用コンセント工事 住宅外壁面配管配線工事

  4. テレビコンセント増設工事 住宅2階テレビ配線工事

  5. ルームエアコン取付工事 住宅エアコン取付工事

  6. エアコン専用コンセント増設工事 戸建住宅

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.