電気工事ナビ 電気工事ブログ 電気工事施工日記

コンプレッサー2.25kw(3馬力)電源配線接続工事 

今回は法人様よりコンプレッサーを導入するのでコンプレッサー電源配線工事をお願いしたいとのご相談を頂き現場調査にお伺いいたしました。

現場調査

現場で設備状況を確認しましたところ現在、既設の動力設備が有り動力(低圧電力)設備契約は30Aブレーカー契約(主開閉器契約)で10kwで契約しておりました。他の機械との兼ね合いにもよりますが、今回のコンプレッサー電源配線工事では電力会社への申請は特に必要がないのと判断になりました。

負荷設備契約やコンプレッサー増設すると10kwで足りない場合がある場合は、電力会社へ申請して動力契約変更工事を行う必要があります。詳しくは【テイクサービス】 に相談しましょう。

動力契約変更なしでコンプレッサー電源増設工事の御見積をご提出後、依頼を頂きましたので後日工事にお伺いいたします。

電気契約の事や機械配線のこと以外にも分からない事は【テイクサービス】 に現場調査時に聞いてみましょう。

動力配電盤改修工事

既設の動力配線盤はメイン(契約のブレーカー)にパナソニックBJW330漏電ブレーカーが設置してあり、横にパナソニックBCW330サーキットブレーカーが3台設置してありましたので、配電盤の改修工事を行いパナソニックBCW330を1台増やして合計4台に増設しました。

動力配電盤改修工事中は、動力設備停電となりますので機械の使用はできません。

コンプレッサー電源配線工事

動力配電盤で増設したBCW330サーキットブレーカーよりVVF2.6×3芯でコンプレッサー近くのケースブレーカーBCD330まで配線を行い、VVF2.6×3芯をケースブレーカーに接続します。動力配電盤よりアース線もケースブレーカーまで配線します。

今回の現場は 倉庫内壁面C型鋼の中をケーブル配線工事で動力配線盤からケースブレーカーまで配線を行いました。

コンプレッサー電源接続工事

ケースブレーカーよりお客様より支給のゴムキャプタイヤケーブル4芯を使用してケースブレーカーからコンプレッサーまで配線して接続を行いました。

コンプレッサー動作確認

すべての工事が完了したら動作確認を行います。

動力配電盤のサーキットブレーカーを入りにして、ケースブレーカー右上の赤ランプが点灯するか確認して、点灯していたらケースブレーカーを入にしてコンプレッサーを動かします。

コンプレッサーの回転が正常であれば完了です。もし逆回転の場合はブレーカーで相を入れ替える工事が必要となります。

※中古のコンプレッサーなどは回転の正逆に注意が必要です。

コンプレッサーの動きが悪い、空気が上手く汲めていない場合などは
【テイクサービス】 に相談してみましょう

機械電源配線工事は【テイクサービス】 へお任せください。

機械電源工事工事はテイクサービスへ 年間3000件以上問い合わせ
全国対応見積もり無料 緊急対応最短30分で急行します。

工事で使用した主な材料

BJW33037 パナソニック 住宅盤用 1次送り専用 連系漏電ブレーカ BJW-60N型 3P3E 30A 30mA (端子カバー付)

価格:8,942円
(2022/8/17 17:26時点)
感想(0件)

BCW330 パナソニック サーキットブレーカ(モータ保護兼用) BCW-30型 3P3E 30A (端子カバー付)

価格:2,805円
(2022/8/17 17:27時点)
感想(0件)

Panasonic ケースブレーカー 標準型(品番:BCD330K)『8184076』

価格:6,666円
(2022/8/17 17:27時点)
感想(0件)

電気工事ナビでは登録電気工事店を募集中 登録無料

関連記事

  1. スポットクーラー専用コンセント増設工事 貸倉庫

  2. 動力契約新設工事 フォークリフト充電コンセント設置工事

  3. 木材加工工場 機械配線工事 動力契約新設工事

  4. 倉庫工場 400W水銀灯から高天井用LED照明へ取替工事

  5. 工場照明工事 110W蛍光灯型LED照明増設工事

  6. コンプレッサー電源配線工事 機械電源接続工事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.