電気工事ナビ 電気工事ブログ 電気工事施工日記

漏電改修工事 飲食店外灯ポールライトの漏電改修

今回の現場は飲食店から配線用遮断器を1回路 入 にすると漏電ブレーカーが作動してしまい店舗内電気が消えてしまうので直して欲しいというご依頼で現場にお伺いしました。

分電盤で漏電回路確認

現場の分電盤を確認すると配線用遮断器の1回路が切の状態になっている回路がありそこの2次側が漏電しているとのお話で配線用遮断器を入にするとメインの漏電ブレーカーが作動してしまう状態との事なので飲食店のオーナーさんと工事内容、工事金額のお話をさせていただいた上で漏電改修工事を行いました。

電改修工事、電気トラブル改修工事は【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり にお任せ下さい。迅速対応いたします。

漏電回路の絶縁抵抗測定

漏電回路の配線用遮断器2次側で絶縁抵抗値を測定すると0.01MΩ以下(0.1MΩ以下で漏電数値となります)で漏電の数値を表しています。

漏電している配線用遮断器だけを切にして、店内で電気が使えない場所を探していきました。

電気が使えない場所は屋外コンセントと花壇に設置してあるポールライト5カ所が使えない状態なので、まず屋外コンセントを取外して絶縁抵抗を測定しましたが0.01MΩと変わりませんでしたので今度は、ポールライトを見ていきます。

屋外ポールライト照明器具配線切離し

5台設置してあるポールライトの器具の真ん中の3台目で配線を切り離しました。

再度、漏電回路絶縁抵抗測定

ポールライトの3台目で配線を切り離し再度、絶縁抵抗値を測定したところ絶縁抵抗値が50MΩまで回復しました。

ポールライトの4台目5台目の漏電の可能性が高いので4台目5台目のポールライトを詳しく調べていきます。

漏電している場所特定

漏電調査した結果、4台目のポールライトの照明器具が漏電の原因でした。

漏電している場所は各現場によって変わってきますので漏電は早急に【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に改修工事を依頼しましょう。

漏電改修工事

4台目のポールライトの照明器具の配線接続部分を改修することで漏電が解消しました。

全ての照明器具を元に戻して再度、絶縁抵抗値を測定して問題がなければ配線用遮断器を入にして電気を送ります。

点灯確認

配線用遮断器を入にして照明器具の点灯、屋外コンセントの電圧を確認して工事完了となります。

漏電調査 漏電改修工事は【電気の工事屋さん】 お任せ下さい。

電気トラブルや電気に関するお悩み。 24時間全国対応 地元密着の電気の工事屋さん。
全国対応見積もり無料 最短30分で出張見積もりいたします。 直らなければ修理費0円

工事で使用した主な道具

日置電機 5レンジ絶縁抵抗計スイッチ付きリード IR4051-11 1台

価格:22,866円
(2022/8/8 18:00時点)

エクステリア 屋外 照明 ライト パナソニックガーデンライト XLGE5031BZ 拡散タイプ 地上高50cm オフブラック ポーチライト アプローチライト ポールライト

価格:13,640円
(2022/8/8 18:01時点)

電気工事ナビでは登録電気工事店を募集中 登録無料

関連記事

  1. 飲食店 各座敷にIHコンロ用コンセント増設工事

  2. 店舗照明工事 店舗ダウンライト照明新設工事

  3. 店舗トイレ温水洗浄便座 専用コンセント増設工事

  4. 店舗から駐車場に設置プレハブ倉庫まで電気配線工事

  5. 店舗LAN配線工事 飲食店注文システム導入

  6. 漏電改修工事 電気トラブル 飲食店で動力ブレーカーが落ちる

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.